和紙壁紙 全点不燃認定

「和紙壁紙 全点不燃認定」

1300年 樹と水で紙を漉く

楮から作られる紙は、現代の紙とは少し違います。 紙がまだ貴重品であった時代の紙です。
現在の紙はどちらかというと消耗品ですが、江戸・明治時代までは、紙は長く大事に使うものでした。
引っ張りに強く、美しい外観を保つのが日本で作られていた楮の紙です。
大因州製紙は楮の紙の美しさ、強さをそのままに壁紙を作りました。

Line up
      
基本スペック
内装壁紙
価格帯 2,900円/mから
和紙壁紙23柄
主な
素材
和紙
資料ダウンロード

お問い合わせ