普段はあまり気にとめない壁紙ですが、実は空気中に舞ったホコリや手垢などで意外と汚れています。そのままにしていると黒ずんでしまいますので、やはり定期的なお手入れをしたほうが快適です。

壁紙の基本的なお手入れは掃除機やハタキなどで汚れの原因であるホコリや手垢を落とすことです。壁紙の汚れの多くはホコリや手垢など生活していく中でつくものですので、日ごろからまめにお手入れをするとより長持ちさせることに繋がります。

ホコリを取り除いただけでは取れなかった汚れは、水又はぬるま湯で薄めた中性洗剤に浸し、固く絞った柔らかい布で軽く叩くようにして拭き取ってください。このときゴシゴシと擦ってしまうと汚れがひどくなったり、傷がついたりしますので気をつけてください。また、洗剤が残らないようにしてください。

壁紙には汚れを拭き取りやすいように表面を防汚コーティングされた壁紙や表面にフィルムを貼った壁紙もあります。 ですが、 このような壁紙も汚れを長くそのままにしてしまうと取りにくくなってしまいます。汚れてしまったときなどは早めにふき取って残さない、手垢などの生活汚れもできるだけ残さないようにすると壁紙も綺麗に長く保つことができます。

SEKOでも防汚加工を施されお手入れが簡単なものも取り扱っています。また、個々の製品のお手入れの仕方は見本帳に掲載しています。
部屋によって汚れのつきやすい場所は変わってきます。水を扱う場所などはお手入れがしやすい壁紙にするなど工夫すると、日ごろのお手入れも楽になるのでお勧めです。




Lineup
壁紙
壁紙のお手入れ
ビニルクロスとその機能性
壁面のインテリア
カーテン
カーテンを綺麗に保つ
暖を逃がさないカーテンの薦め
カーテンを選ぶ基準は?
カーペット
カーペットのお手入れ
冬のカーペットの暖かさ
カーペットを敷く