窓から冷たい空気が漂ってくる。
暖房をつけているのに冷たい空気が漂ってくるように寒いと感じたことはないでしょうか。

冬の窓からの冷気は思った以上に寒く感じます。
ですが、これは窓からの空気で室内の気温が下がったわけではなく、身体の熱が冷たい窓へ移動し、体感温度が下がるからなんだそうです。
これを防ぐには窓の外の冷たい空気に直接室内が触れないようにするという考え方があります。
そこでカーテンの出番です。

カーテンを窓にかけるということはインテリアとして見た目を楽しむということのほかに、部屋と窓の間に空気の層を作るという効果があります。
カーテンが仕切りとなり、空気の移動が制限されるため熱が移動しにくくなるため暖かくなるというわけです。

かけるカーテンによっても効果は変わります。
例えば、薄手で風を通すようなカーテンでは空気をとどめておく効果はありませんので空気をしっかりとどめて置けるように厚手のカーテンにすればより効果は高まります。
また、空気の層は多いほうが熱の移動はしにくいので、2重、3重にかけるとよりよいでしょう。
カーテンの長さも重要になってきます。
空気の層は動かないように保っていたほうが効果が高いので、腰窓にかけるカーテンでも床下までの長さのカーテンをかけていれば空気の移動が起こりにくくなり効果は高まります。また、カーテンの上部も、天井から吊り下げたり、カーテンボックスなどを取り付けると同様のことが入れます。

ただ、内外の気温差による結露はカーテンで防ぐことはできないので、まめに窓の水分をふき取ったり、結露対策グッズを使うなど結露には気をつけるようにしてください。

SEKOで取り扱っている「etreecru」はヨーロッパから輸入したファブリックを中心に取り揃えています。
手軽に一工夫できるカーテン選びのお役に立てれば幸いです。

 

Lineup
壁紙
壁紙のお手入れ
ビニルクロスとその機能性
壁面のインテリア
カーテン
カーテンを綺麗に保つ
暖を逃がさないカーテンの薦め
カーテンを選ぶ基準は?
カーペット
カーペットのお手入れ
冬のカーペットの暖かさ
カーペットを敷く