寒い季節になると、部屋の中を少しでも暖かくしたいと思うものです。
その暖かくなる手段の一つとしてカーペットを敷くことが考えられます。
カーペットはフローリングに比べ保温性が高く、 冷めにくいので、床からの冷えに効果的だからです。

床が冷たいと体感温度が下がるといわれています。冬の冷たい床からひんやりと冷たさが伝わってくるという経験はないでしょうか。これは足の裏から体温の熱が床の冷たさに伝導して体感温度が下がっているのだそうです。
これを防ぐには床を熱が伝導しにくいものにすればよいといえるでしょう。
フローリングの下に潜熱蓄熱材を敷き詰めるという方法もありますが、カーペットを敷くだけでお手軽にこの熱の伝導対策を取ることができます。
カーペットに使われている繊維は空気の層を作り、断熱保温効果を高めています。また、パイルと呼ばれる立ち毛が空気をよりたっぷりと含み熱を逃がしません。
体温が床に伝わらなくなれば、床が原因で体感温度が下がることはなくなります。
暖房器具だけに頼り切らない寒い冬を暖かく快適に過ごすひとつの工夫となるかと思います。

SEKOで扱っているウール素材の「wool floor」は特に保温性が高く暖かい素材のカーペットです。
暖房だけではなく熱を逃がさないひと工夫、冬の寒さ対策にお役に立てれば幸いです。

 

Lineup
壁紙
壁紙のお手入れ
ビニルクロスとその機能性
壁面のインテリア
カーテン
カーテンを綺麗に保つ
暖を逃がさないカーテンの薦め
カーテンを選ぶ基準は?
カーペット
カーペットのお手入れ
冬のカーペットの暖かさ
カーペットを敷く